重曹の入った入浴剤で体の嫌な臭いを解消

重曹の入った入浴剤で体の嫌な臭いを解消

自分の体臭が気になっていませんか。臭いは、周りの人にも迷惑となってしまいますので、解消したほうが良いでしょう。

 

簡単にできる対策法があります。お風呂に入るときは、シャワーだけで済ませていませんか。湯船に浸かったほうが良いでしょう。ただ、湯船に浸かるだけではなくて、体臭対策にもなる入浴剤を使ってみてください。そんなことができるのかと思われるかもしれません。ただ、湯船に浸かるだけで臭いが気にならなくなるのなら、試してみたいとは思いませんか。何が良いのかを知ると、湯船に浸かりたくなるかもしれません。

 

湯船にお湯を張り、そこに入浴剤を入れると、多少ぬめりを感じませんか。サラサラというよりは、少しだけとろみを感じるでしょう。これは、重曹の力です。実は、重曹が入っていることでとてもうれしい効果を実感できます。

 

重曹はアルカリ性でできています。炭酸水素ナトリウムとも言われているのですが、アルカリ性であることがポイントです。体臭の主な原因は汗です。汗自体は無臭ですが、汗によって雑菌が繁殖することで、嫌な臭いが生じてしまいます。重曹には、汗に雑菌が繁殖して酸化した状態を中和する働きがあります。だから、嫌な臭いがしなくなるというわけです。

 

また、重曹にはピーリング効果もあります。古い角質を落としたり、肌を柔らかくする効果があるというわけです。汗だけではなく古い角質も嫌な臭いが発生する元です。これらを入浴剤を使って除去しましょう。これだけでも、十分対策ができるというわけです。

 

重曹だけを湯船に入れても効果が期待できます。古い角質を除去できますし、汗対策にもなります。ただ、入浴剤には重曹以外にも美容成分が入っていることもあるので、使ったほうが良いでしょう。肌表面をコーティングしてくれるので、より肌を美しくしてくれるでしょう。肌の表面にある汚れを落とす効果がある成分を配合していることもあります。

 

ただ、体を温めるだけではなく、肌を清潔にしたり、美肌にしてくれたりとうれしい効果がこれだけたくさんあるわけですから、湯船に浸かるときはなるべく入浴剤を使ったほうが良いとは思いませんか。

 

普段、お風呂で体を洗うだけでは落ちないような汚れだって落としてくれるでしょう。あまり湯船に浸かるときに肌表面の汚れを落とすことまでは考えていなかった人が多いのではないでしょうか。決して体を温めるだけではなかったのです。湯船に浸かることが体臭にも影響があるので、すでに気になっている人は試してみてください。

 

シャワーだけで済ませていた人は、もったいないことをしていたのかもしれません。一生懸命、臭いを消そうと思って丁寧に体を洗っていた人もたくさんいるでしょう。実は、シャワーだけでは落ちにくい古い角質や汗による雑菌対策ができないのです。ここまでのことを考えないと体臭は解消できないでしょう。これからは、毎日湯船に浸かって体臭対策をしてみませんか。