ワキガは遺伝による部分が多いが、生活習慣によってひどくなることもある

ワキガは遺伝による部分が多いが、生活習慣によってひどくなることもある

ワキの汗ジミやニオイは気になる悩みの一つになりますね。

 

悩んでいる人はけっこういるものです。ワキガは単に汗をよくかくということではなく、つんとした独特のニオイが特徴です。

 

日本では10人にひとりがワキガ体質といわれています。つい自分だけが臭っているのではないか、と思うかもしれませんが悩みすぎてもストレスになるので上手に対策を立ててみましょう。

 

汗腺には2種類あって、エクリン腺とアポクリン腺があります。体温調節のためにエクリン腺から出る汗は99%は水分なのでほぼ無臭です。一方、アポクリン腺から出る汗は白っぽくやや粘りがあります。この汗には水分だけでなく、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニアなどが含まれているので、皮膚の常在菌が成分を分解していくときにニオイが発生します。アポクリン腺はワキ、耳の中、陰部、肛門などのパーツに集中しています。脇毛があるとさらに蒸れやすくなり、雑菌が繁殖して強いニオイをもつことがあります。

 

ワキガは遺伝による部分が多いのですが、生活習慣によってワキガがひどくなることはあります。

 

肉類、乳製品、ファーストフードなどの高カロリーな食事内容によってワキガがひどくなることはあります。高カロリーな食事がアポクリン腺を刺激して汗が多くなり、より強いワキガを発生させる傾向が知られています。食事の欧米化がもともとのワキガ体質を強めてしまっているという点には注意が必要ですね。またストレスを感じるとアポクリン腺から出る汗が増加します。肥満気味の人も汗をたくさんかきやすい傾向があります。

 

ワキガ体質の人は毎日の食事内容を見直すことがワキガ対策として有効になります。食事内容を野菜や果物、海藻、大豆製品などをたっぷり使ったメニューにすることでワキガ予防になる上に、健康にも役立ちます。ストレスを上手にやわらげることも十分対策になります。また汗をかいたときには、体温が下がるまで少し待ってから、湿ったタオルで汗を拭き取っておきましょう。

 

遺伝そのものは仕方ないことですが、日常の生活でできる対策を組み合わせてみるといいでしょう。