ストレスが原因で起こる体臭の原因と対策

ストレスが原因で起こる体臭の原因と対策

ストレスが原因で体臭がきつくなるということがあります。
中には皮膚からアンモニアが放出されるなんてことも。

 

そんなストレスが原因で起こる臭いの原因と対策をご紹介します。

 

 

疲労臭

 

ストレスによって肝臓の機能が低下すると、アンモニアが十分に分解されずに、汗と一緒に放出されてしまうということがあるようです。
これは「疲労臭」と呼ばれています。

 

ストレスによる自律神経の乱れによる臭い

 

ストレスで自律神経が乱れることにより、内蔵機能が低下します。
肝臓や腎臓、胃腸などの機能が低下すると、臭いの原因となる物質が体内に残ってしまい、それが汗といっしょに放出されたりすることで体臭がきつくなります。

 

 

体臭の原因、ストレスを取り除くには

 

やはり、ストレスによる体臭を取り除くにはストレスを減らしたり、自律神経を整えるということが大切だと思います。そこで、ストレスを解消する方法をご紹介します。

 

ストレスを解消する方法

 

  • アロマ
  • 運動
  • 読書
  • ガムを噛む
  • 笑う
  • 泣く
  • 森林浴
  • 音楽を聴く
  • 太陽光を浴びる(紫外線に注意)
  • 風呂
  • 呼吸法
  • お悩み相談

 

などが、ストレスに効果があると言われています。
自分にあった好きなものをやるといいと思います。

 

 

自律神経を整える方法

 

運動

 

散歩程度の軽い運動をすることで自律神経を整える効果があるようです。

 

 

朝に日光を浴びる

 

最近注目されている、朝に日光を浴びる方法。
体内時計をリセットしたり、不安抑制に効果のあるセロトニンの分泌、睡眠や自律神経を整えるに効果があると言われています。

 

他にも、自律神経訓練法(※医師の指示が必要なものもある)やお風呂、飲食、呼吸法、アロマによっても自律神経を整えることができるようです。

 

 

ストレス社会によって、ストレスが溜まりやすい今日。ストレスを溜め続けて内蔵機能が低下し、体臭がきつくなってたりしませんか?ストレスを放置しておくと、体臭だけでなく健康にも影響を及ぼすので、こまめに解消することが大切だと思います。"