手汗を防ぐ3つの方法、日々の積み重ねで

手汗を防ぐ3つの方法、日々の積み重ねで

夏は、みんなが汗をかきます。多少の手汗も、周りと同じなので気にならないかもしれません。

 

しかし、冬ならどうでしょう。冬でも手汗がひどいと、周りの人たちが汗をかいていない分、余計に気になりますよね。人と握手するときや大好きな人と手を繋ぐときに、自分の手が手汗でベタベタだと躊躇してしまうのではないでしょうか。そうならないために、手汗を防ぐ3つの方法を今回は紹介していきます。

 

リラックスする

 

手汗は、緊張したり「汗をかいたらどうしよう」という不安感から出ることが多く、精神的なことが原因の場合が多いです。その場合、何より大切なことが「リラックスする」ことです。アロマオイルを楽しんだり、お風呂にゆっくり浸かったりして、意識してリラックス出来る時間を確保しましょう。こうすることで、副交感神経が刺激され、普段交感神経が活発で手汗をかきやすい方も落ち着く習慣が出来てきます。

 

睡眠時間の確保

 

次も、副交感神経を活発化するのに大切なことである「睡眠」です。深い眠りは、副交感神経を最も活発にすると言われています。安心できる場所で、十分な睡眠時間を確保することが手汗の予防には不可欠です。

 

睡眠は、毎日することですから、毎日意識して睡眠時間を確保することで、手汗はかなりマシになるはずです。また、ただ長時間寝れば良いというものでもなく、質の良い睡眠を取ることが重要です。寝る前にあったかい飲み物を飲んだり、眠りやすい寝具を使ったりして、眠りやすい環境を作ることも大切ですね。

 

適度な運動

 

最後に、「適度な運動」も必要となってきます。運動をすると、汗をかいてしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、適度な運動をして正常に汗をかくということが重要となります。適度な運動により、ストレス発散の効果もあり、嫌な手汗をかきにくい体質になります。

 

また、運動をすることは質の高い睡眠を取る手助けにもなりますので、前述した「睡眠」にとっても良い効果をもたらします。

 

このように、手汗を予防するためには、何か特別なことをするというよりは、日頃から少し意識をするだけで変えられることがほとんどです。日々の積み重ねで、手汗の悩みから解放されましょう!